抗がん剤の脱毛から1年 カラーと縮毛矯正で落ち着きました。江東区亀戸美容室ワンズプレイス

みなさんこんにちは

“がんサバイバーが集う店”

東京江東区亀戸美容室ワンズプレイス相澤です。

本日は、

“抗がん剤の脱毛から1年。ここまで元に戻りました!”

お客様のご協力をいただき過程をみていきます。

丁度一年前

↑抗がん剤の脱毛を経て、髪が生えて来た所です。この後、

↑頑張ってここまで伸ばしていただきご来店。

S様は、大きくしっかりとウネるタイプのくせっ毛でした。

元々は、ミディアムほどのレイヤースタイルだったそうで、そこまで戻していきたいとのことでした。

最初ご来店時

↑「伸ばすためにはトップの髪を長くする必要がある」ことをご説明し、周りと襟足をスッキリとカット。

カラーリングをすることで白髪のカバーと明るさで重さを取りました。

仕上げはストレートアイロンでくせ毛を馴染ませています。

2回目のご来店

↑トップの髪が伸びて来ましたね!

落ち着いたシルエットになってきました。

カットでボブスタイルに。仕上げはストレートアイロンで馴染ませています。

3回目のご来店

↑やはり襟足あたりがクルクルしてしまいまとまらないとのことで[縮毛矯正]をかけさせていただきました。

↑極力長さは変えずにショートスタイル(ややウルフ)に。

↑「これで何もしないで仕事に行けそうです!」

やっと髪の毛の悩みから開放されました。

↑S様のタイプは、

・クセがあまり強くなく

・毛量もしっかりと復活

今後は普通のお客様と同じように、気になったら美容室を利用されると良いと思います。

ここまで丁度一年間

↑抗がん剤の脱毛を経て、ここまで伸びるのに丁度1年です。

早いか遅いかはわかりませんが、

現在も同病と闘っている同志のみなさんの、勇気になればと思いブログにさせていただきました。

がんサバイバー美容師としてお力になれそうなことがあれば、是非ご相談ください。

尚、新規の脱ウィッグのための縮毛矯正をご希望のお客様は16:00以降の枠でご予約いただけると、後にお客様が入っていない状況で、しっかりとお話しを伺いながら施術できますので、よろしくお願いします。

お問い合わせはこちらからどうぞ↓

https://cancers123.com/1234-2/

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

東京下町美容師。歴24年。 4年前に中咽頭がんに罹患。手術を経て現在経過観察中。 以来、がんの方、脱毛症の方をサポートする活動をしております。 生涯にわたってかかわれる美容師になる。髪を通じて笑顔になってもらいたい。そんな思いで日々過ごしております。