新しいウィッグに移行 NEWアルさんウィッグへ 江東区亀戸 美容室 人毛医療用ウィッグ

みなさんこんにちは

江東区亀戸

“外から見えない安心空間”

美容室 ワンズプレイス 相澤です。

 

本日お届けするのは、

“現在使っているウィッグから、新しいウィッグへ移行。わからないように同じにしたい。”

そんなアルさんウィッグユーザーのご紹介です。

アルさんウィッグって?

記事リンク

https://cancers123.com/category/アルさんウィッグ/

 

ウィッグ販売

 

お客様は日本全国から

本日ご紹介するお客様は、九州地方からのご来店。

ワンズプレイス には全国からお客様がいらしています。

Hさんは、抗がん剤治療後から部分的に発毛されなくなってしまいました。

お医者様にも大変珍しいといわれ、僕にとっても初めてのケースでした。

襟足部分は地毛を出していらっしゃいます。

 

 

先ずはトーンダウンから

↑以前に使っていた明るくなってしまったウィッグを暗くしていきます。新しいものに色を合わせてます。

お待ちの時間は、スタイリングの練習もさせていただきました。

 

 

カットは周りの方に気づかれないように

↑左側が以前のもの。少し伸びた設定でカットいたしました。

 

 

 

↑ NEWウィッグ(右側)の方がストレートタッチですね。

 

 

 

↑前髪から顔周りのレイヤーも合わせました。

 

 

 

↑前から見た感じもバッチリですね〜。無事に移行できそうです。

Hさん、遠方からありがとうございました😊

 

約1年に一度交換する、脱毛に悩む方のウィッグ。

急にヘアスタイルが変わると冷たい視線や言葉をかけられることも多いようです。

ガラッと変わらないように、速やかに移行できるように。

是非ご相談ください。

 

 

ご予約 ご相談はこちらまで↓

ご予約・お問い合わせ

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

東京下町美容師。歴24年。 4年前に中咽頭がんに罹患。手術を経て現在経過観察中。 以来、がんの方、脱毛症の方をサポートする活動をしております。 生涯にわたってかかわれる美容師になる。髪を通じて笑顔になってもらいたい。そんな思いで日々過ごしております。