抗がん剤治療後、カットとカラーで脱ウィッグ 江東区亀戸美容室 乳がん 脱毛

みなさんこんにちは

“がんサバイバーの集う店”

東京江東区亀戸美容室ワンズプレイス相澤です。

本日は、

<熱いので脱ウィッグしたい!!N様のファーストスタイルのご紹介です>

抗がん剤治療による脱毛〜生えて来た髪の毛

↑強めのウネリと、毛先のチリつきを感じられます。

↑抗がん剤治療後に生えて来た髪の毛は繊細なため、ウィッグやネットに押し込むことで毛先がチリチリしてしまう場合もあります。

カット&カラー によるアプローチ

↑短いトップとの差を埋める為、スッキリと周りを切り込みました。

↑前髪のみストレートアイロンで伸ばし、ワックスでタイトにスタイリング。

パーマをかけたようですね^^

↑ヘアカラーは思い切って明るめに。軽さと柔らかさが出て、元々ベリーショートだったようですね〜

↑今後は前髪の伸び具合と相談しながら、トップの毛先のチリつきを少しづつ切っていきましょう。

起こってしまったことを前向きに捉える。

↑「結婚して直ぐに病気が発覚したんです。彼に悪くてどうしようか迷いました、、、、。でも何事もないように受け入れてくれました。こんなベリーショートにしたことがないので、楽しみます!!」

笑顔がとても素敵です。

前向きなN様に今日も元気をいただいた、ワンズプレイス相澤でした。

脱ウィッグのご相談はこちらからどうぞ↓

https://cancers123.com/1234-2/

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

東京下町美容師。歴24年。 4年前に中咽頭がんに罹患。手術を経て現在経過観察中。 以来、がんの方、脱毛症の方をサポートする活動をしております。 生涯にわたってかかわれる美容師になる。髪を通じて笑顔になってもらいたい。そんな思いで日々過ごしております。