ロングウィッグ インナーカラーピンク アルさんウィッグヘアカラー 江東区亀戸美容室 ワンズプレイス 人毛 医療用 脱毛症 抗がん剤

みなさんこんにちは

江東区亀戸美容室

“プライベート空間ワンズプレイス“相澤です。

本日は、

「ウィッグだって個性的、ダンサーはインナーカラーピンクで輝く!!」をご紹介します。

アルさんウィッグって?

記事リンク↓

https://cancers123.com/category/アルさんウィッグ/

 

アルさんウィッグとの出会いは

子供の頃から脱毛症でお悩みのIさん。色々なウィッグを着けてきました。

お仕事の時は化学繊維のウィッグを。プライベートでは、人毛のものをお使いになっていました。

今回アルさんウィッグを知り、完全オーダーで製作されました。

 

↑「アルさんのウィッグは、品質も良いのに今まで使っていた所の半額だから、初めてヘアカラーにチャレンジしてみます!」

 

 

↑前髪カットと後れ毛を少なめ(お好みです)に作らせていただいて、

カラーリングをしていきます。

 

ハイトーンとインナーカラー

 

↑トップは根元を1〜2センチ残して14トーンでボカシ染め。

ヘアカラーの一番明るい色でせめます。

*注意 ウィッグのヘアカラーはベースのカラーリングの状態がわからないので、希望通りならない場合があります。同意いただいてからの施術になります。

 

そして 内側にインナーカラーを

 

↑ブリーチ剤で明るくしていきます。

 

 

↑Iさん「あーこういう感じなんですね〜」

美容室でヘアカラーをするのは初めての体験。重さと匂いにびっくりですね。

お流しした後に

 

↑チェリーピンクのトリートメントカラーをオン

その後、全体にトリートメントをして完成です。

 

フィニッシュ

 

↑内側に可愛いピンクが入ったロングヘアー

 

 

↑大胆に入っています。

 

 

↑光のあたり具合によって表情を変えます。

 

 

↑Iさん「明るい所とくっきり分かれません?」

相澤「分かれないようにグラデーションをかけますよ^^」

 

↑長めの前髪も良い感じ

 

↑Iさん「今までで一番気にいったかもー」

Iさんありがとうございました。

ダンサーには、個性的なロングヘアーがよく似合ってますね。

 

Iさんの美容室ヘアカラー体験のご紹介でした。

 

ブリーチのダメージについてなど、気になる質問はこちらまでお問い合わせください。

ウィッグを隠すものから

おしゃれを楽しむものへ

それではまた〜

 

 

ご予約・ご相談はこちら↓

アクセス

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

東京下町美容師。歴24年。 4年前に中咽頭がんに罹患。手術を経て現在経過観察中。 以来、がんの方、脱毛症の方をサポートする活動をしております。 生涯にわたってかかわれる美容師になる。髪を通じて笑顔になってもらいたい。そんな思いで日々過ごしております。