人毛ウィッグにブリーチ&ピンクアッシュ エアータッチ バレイヤージュ 明るく可愛く 江東区亀戸美容室ワンズプレイス

みなさんこんばんは

“ウィッグでも気軽に来れる美容室”

ワンズプレイス 相澤です。

今回のゲストは、、、

「普通の色じゃ物足りない。明るめのアッシュピンク希望です。ブリーチ有りで!!」

アルさんウィッグのAちゃんからのオーダーです。

Aちゃんのカラー遍歴

↑初回、ナチュラルオレンジブラウン。

清楚系な正統派スタイル。

↑2回目のご来店。

ハイブリーチ!!!!Aちゃん弾けましたね〜

Aちゃんはアルさんウィッグユーザーです。

アルさんウィッグって?↓

https://cancers123.com/category/アルさんウィッグ/

今回のビフォー

↑アルさんウィッグ既製品ライン。

Aちゃん「ウィッグ専門店でカラーをお願いしたのですが、ブリーチは断られてしまって、、、。明るさが物足りなくって自分でカラーバターをしてました。やっぱり明るくしたーーい!!」

相澤「一度ブリーチを知ってしまうと、普通がつまらなくなってしまうんですよね、、、。そんな病の方を沢山知ってます。」

先ずはウィッグブリーチの注意点を見ていただいて、施術に入りますね〜

ウィッグブリーチの注意点

・ウィッグは色々な髪の毛の集合体であるため、均一に色が抜けないことが多いです。

・すでにカラーがしてあると、既存のカラーに引っ張られた発色をします。*黒染めはNG

・オレンジ色が出やすく、白までは色が抜けません。*ブルー、ホワイトなどは難しい。

・ダメージが進み、毛先はパサつきやすいです。

・オンカラー(色を重ねる)しても、色持ちはよくありませんのでメンテナンスが必要です。

・いかなる場合でもウィッグの弁償は致しかねます。

(出所不明、強ダメージの物などはお断りする場合もあります)

上記を理解された方のみ施術させていただきます。

1回目エアタッチ ブリーチ

↑ブリーチ用のトリートメントを配合して色を抜いて行きます。

エアータッチで行くか迷いましたが、作戦を変えてバックコーミンググラデーションカラーです。

↑フロント部分はハイライトで。

↑赤味がなくなったら流します。

2NDカラー

↑グラデーションでピンクアッシュを重ねます。

↑時間が来たらお流し。トリートメントも忘れずに。

染まり上がり

↑自然に繋がるグラデーションカラー

↑筋感バッチリですね。

↑もちろん仕上げはセルフで!!Aちゃん巻くのうまいんです。

フィニッシュ

↑根本にグラデーションをつけた、

↑グラデーションカラーは、

↑かきあげてもナチュラルな伸びた感の、

↑マジカワイイスタイル。

↑ハイライト、バレイヤージュなどは巻くことで立体感がですます。

↑ピンクアッシュが良い感じ〜

Aちゃん「ウィッグの髪がギラっとするのが嫌なんです。パサッとしたり、金髪でキラっとしてる方が地毛っぽいんです」

が強い日には

↑キャップで抑える。風が吹いても安心です。

グラデーションの毛先は帽子でも映えますね〜

普通の女の子になりたいを応援したい。

↑Aちゃん いつもありがとう!!

色が抜けたらカラーバターレポしてね〜

Aちゃん「ウィッグ代でお金がかかるけど、普通の女の子が美容院で使うお金くらいかなって思ってます。」

ワンズプレイスは、そんな彼女達の想いを応援します。

ご予約ご相談はこちらからどうぞ↓

https://cancers123.com/1234-2/

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

東京下町美容師。歴24年。 4年前に中咽頭がんに罹患。手術を経て現在経過観察中。 以来、がんの方、脱毛症の方をサポートする活動をしております。 生涯にわたってかかわれる美容師になる。髪を通じて笑顔になってもらいたい。そんな思いで日々過ごしております。