脱ウィッグ グレイヘアで行く?それとも染める?抗がん剤の脱毛からの復活 江東区亀戸美容室 乳がん

みなさんこんにちは

“がんサバイバーが集う店”

東京江東区亀戸美容室ワンズプレイス 相澤です。

本日は、

“抗がん剤治療の脱毛から伸びて来た髪の毛、カットとカラーをどうしよう?”

ご相談のお客様のご紹介です。

伸ばすか?切るか?染めるか?活かすか?

↑経験上、くせ毛になって生えて来ることが多い脱毛後の髪の毛。

元がストレートの方は、数回切るうちに戻って来ることが多いです。

問題は、

↑染めずに伸ばしたグレイヘアー。

↑白髪はチリチリしていることが多く、まとまりずらい性質があります。

↑カットは襟足を短くスッキリさせて、右は長めー左は刈り上げのアシンメトリースタイルへ。

左右非対称にすることで、今後伸ばすか、ショートで行くかを決める為に様子をみます。

カラーは白髪をボカすカラーで

↑白髪はしっかり染めずにボカシます。黒い部分を明るく馴染ませました。

↑少し色が入り、白黒グレーでなくなるだけでこの変身です。

↑「思ったより早くウィッグが外せそうです!」

思わず笑みがこぼれます^^

↑今後は、

・伸ばすのであればストレートパーマも。

・切るのであればデザインを。

・白髪をしっかり染めるのか(明るめに)

・ボカシて活かしていくのか?

お客様のライフスタイルとご相談しながら決めて行きたいと思います。

曖昧な所からはじめてもいいじゃない。

↑染めるのか?染めないのか?

↑切るのか?切らないのか?

曖昧な所から始めても良いのではないでしょうか?

なぜなら、

<脱毛した時は生えてくればなんでもいい、。>

って思っていたんですから^^

脱ウィッグのお手伝い。

同じがん患者としてお手伝いさせていただきます。

ご予約・ご相談はこちらまで↓

*営業時間中は返信出来ないことが多いです。ご了承ください。

https://cancers123.com/1234-2/

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

東京下町美容師。歴24年。 4年前に中咽頭がんに罹患。手術を経て現在経過観察中。 以来、がんの方、脱毛症の方をサポートする活動をしております。 生涯にわたってかかわれる美容師になる。髪を通じて笑顔になってもらいたい。そんな思いで日々過ごしております。