人毛ウィッグ トーンダウンとカットでイメージチェンジ 東京江東区亀戸美容室 抗がん剤

みなさんこんにちは

“がんサバイバーが集う店”

ワンズプレイス 相澤です。

本日は、

“1年半ほど使用して、明るくなってしまったウィッグのイメージチェンジをご紹介します”

一年半ほど使用した人毛ウィッグ

↑一年半ほど使用されています。

数個のウィッグを使用されることで、良い状態に保たれています。

今回はカラーが明るく退色してしまったのを落ち着いた感じに。カットはスッキリ目にしていきます。

レングス&シャドウルーツ

↑印影をつけるようにトーンダウンすることで、

↑ハイライトを入れたような立体感がでます。

↑ザックリとした毛流れが特徴です。

↑長さは鎖骨レングスボブ。女性らしい柔らかなスタイルです。

↑軽く毛先を巻いて、かき上げて。

↑グラデーションカラーが毛流れ感を。

↑キュン!

「これって愛の不時着のやつですよね〜」

S様 ありがとうございました。

地毛が伸びて来るまであと少し。

頑張りましょうね〜。

あまり暗くしたくない方のトーンダウンにおすすめです。

↑退色してしまったウィッグをあまり暗くしすぎずに、落ち着かせる。

本日は、こんなヘアカラーのご提案でした。

「闘病中でもオシャレなウィッグで、少しテンション上がるといいな」

そんな気持ちでやらせていただいております。

ご予約・ご相談はこちらまで↓

https://cancers123.com/1234-2/

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

東京下町美容師。歴24年。 4年前に中咽頭がんに罹患。手術を経て現在経過観察中。 以来、がんの方、脱毛症の方をサポートする活動をしております。 生涯にわたってかかわれる美容師になる。髪を通じて笑顔になってもらいたい。そんな思いで日々過ごしております。