抗がん剤治療の脱毛 生えて来た髪のファーストカットでバランスよく 江東区亀戸美容室 乳がん

みなさんこんにちは

“がんサバイバーの集う店”

東京江東区亀戸ワンズプレイス相澤です。

本日は、

<抗がん剤治療を乗り越えて、生えて来た髪のファーストカットをご紹介いたします>

以前ウィッグをカットさせていただいたK様

↑以前ウィッグを作らせていただいたK様。

その時のブログ↓

https://cancers123.com/2021/02/18/抗がん剤の準備%E3%80%80地毛のカットからウィッグ完成/

今回は、副作用の脱毛を経て生えて来た髪のファーストカットにいらっしゃいました。

ウィッグから出て来てしまうんです。

↑一度全体に抜けた髪の毛は、頭の構造の問題で、襟足が長くなっていきます。

↑トップと前髪も短いので四角いシルエットに。

↑くせも強くなく、髪の密度もあるのでK様は良いタイプです。ここからバランスを取っていきます。d

抗がん剤後に生えて来る髪の毛は、

・クセが強くてクルクル(チリチリ)してしまう。

・密度がなく細い髪で地肌が見えてしまう。

・全体的には良いのだが、トップや前髪部分だけ生えにくい。

・上記の複合

このようなパターンが多いです。

カットバランスよく。

↑伸ばす前提でトップの髪はいじらず、周りをスッキリさせます。

↑襟足、耳周りをスッキリさせることでウィッグから飛び出る髪を少なくします。

↑四角くなっていた前髪も丸く整えて。

カラーリングは、まだちょっと不安なので次回以降に持ち越しです。

↑でもこれだったら、ほぼ通常のショートカットですよね^^。

ご近所じゃない所で脱ウィッグしてみてください。

K様ありがとうございました。

まずは目標を決めましょう!

↑今回のK様は、脱毛前にショートカットにしたヘアスタイルが目標です。

伸ばすのか、ショートで行くのか、くせ毛が好きか、ストレートが好きか。

沢山のお客様を見てい来て言える事は、抗がん剤治療の後にどんな髪が生えて来るかは<運次第>のような気がします。

色々なケースにしたがってアドバイスさせていただきますので、遠慮なくお問い合わせください。

ご予約・お問い合わせはこちらまで↓

https://cancers123.com/1234-2/

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

東京下町美容師。歴24年。 4年前に中咽頭がんに罹患。手術を経て現在経過観察中。 以来、がんの方、脱毛症の方をサポートする活動をしております。 生涯にわたってかかわれる美容師になる。髪を通じて笑顔になってもらいたい。そんな思いで日々過ごしております。