お子様達からの贈り物 ふくりびミディアム人毛医療用ウィッグ 抗がん剤の副作用による脱毛をウィッグでカバー 江東区 亀戸 西大島美容室

みなさんこんにちは

江東区 亀戸西大島 美容室

がんサバイバー美容師 相澤です。

本日は、現在化学治療中のAyuさんと、ふくりび医療用ウィッグのご紹介です。

これから治療を開始される方、美容師さんに知っておいて欲しい内容になっております。

 

抗がん剤の副作用による脱毛の様子

抗がん剤の投与が始まると、およそ2週間で一気に脱毛が始まります。(全ての抗がん剤がそうではありません)

AYUさんは、事前にショートカットにプレパネーションカットをさせていただきました。

 

プレパネーションカットって?↓

https://aizawaship.amebaownd.com/posts/694103?categoryIds=68911

 

事前にショート以上ボブ未満にカットしておかないと、シャンプー時に絡まってお団子になってしまいます。

ちなみにボウズは落ちた毛がチクチクとし、処理も大変なのである程度の長さは残します。

今回は、Ayuさんのご好意で「同じ病気や美容師さんのためになるなら^^」ということで、写真を撮らせていただきました。

 

↑通常つるんと無くなってしまうことは少なく

 

 

↑このようにマバラに脱毛していきます。

 

 

↑Ayuさんは、髪の毛が残っている方ですが、残念ながらヘアースタイルとしては成り立たないのが抗がん剤による脱毛です。

 

 

ふくりび人毛医療用ウィッグ

今回Ayuさんに試着していただき選んでいただいたのは、

ふくりび人毛医療用ウィッグ

ふくりび↓

http://www.fukuribi.jp/

NPO法人ふくりびが販売している、人毛100%ウィッグです。

僕は、元の毛量が多い方にオススメしております。

 

Ayuさんもふくりびウィッグが一番しっくりきました。

↑試着したイメージです。

 

 

ここから後れ毛をカットで作って行き、、、

↑ミディアムなレイヤースタイルにカットさせていただきました。

治療期間に飽きてきたらショートにする予定です。

 

 

 

抗がん剤の副作用 Ayuさんの場合

Ayuさんは血液検査で肝炎の疑いが出てしまい、吐き気どめが使えません。

やはり副作用は辛かったようで、何を食べても気持ち悪い状態で寝込んでしまったそう。

ウィッグカットのご予約も一度キャンセルなさいました。

対して吐き気止めを上手く使える方は、「思ったより平気」とおっしゃる方も多いです。

投与後数日ダウン、その後は平気のようです。髪や爪にダメージは出てきます。

 

味覚が変わる方多いですが、意外と良く聞くのが「杏仁豆腐」ツルッと爽やかな喉越しと甘さが、不快感を癒してくれるそうです。

つらい方は是非試してみてください。

 

 

Ayuさんのウィッグは、、、、

↑なんとお子様達からのプレゼント!!

笑顔で封筒を出したAyuさんの顔が印象的でした。

辛い闘病の中に心温まるエピソード。

僕がこの仕事を続ける理由です。

 

動画でもご覧ください

美容師向け、お客様向け 動画を配信中!!kazaizチャンネル 登録お願いします!!

 

まとめ

・抗がん剤治療開始から2週間ほどで、一気に脱毛が始まる。

・イメージである、つるつるげーげーになってしまう方は少ない。(個人差があります)

・ふくりび医療用ウィッグは、地毛の髪の量が多い方に時にオススメです。

 

今回はAyuさんとふくりびウィッグのご紹介でした。

写真を快く提供してくださったayuさん ありがとうございました!!

 

相澤の過去のがんとお客様のブログ↓

https://aizawaship.amebaownd.com/pages/61984/instagram

 

 

ご相談やご予約はこちらからお願いします↓

友だち追加

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

東京下町美容師。歴24年。 4年前に中咽頭がんに罹患。手術を経て現在経過観察中。 以来、がんの方、脱毛症の方をサポートする活動をしております。 生涯にわたってかかわれる美容師になる。髪を通じて笑顔になってもらいたい。そんな思いで日々過ごしております。