[がん友]辻野教授がやって来た!! サバイバー通信 胃がん 咽頭がん がんについて語る 江東区 亀戸 西大島 美容室

みなさんこんばんは

江東区 亀戸 西大島 美容室

がんサバイバー美容師 相澤です。

本日は、先日突然お店を訪問して下さった<辻野教授>のお話です。

そうです。辻野教授もがんサバイバーなのです!!

突然のアポイント

プルルルル、プルルルル

電話が鳴りました。ガチャ

 

「あ、相澤君?講演の合間に時間があるんだけど今から行ってもいい?」

 

FB(フェイスブック)では知り合いでしたが面識は無かったのです。

 

相澤「突然ですね〜どうかしましたか?」

 

教授「ずっと気になっていたんだけど、いっぺん会っておきたくてね。顔出したらすぐ帰ります〜」

 

相澤「恐縮です。お待ちしております~」

辻野教授って?

岡山大学の教授ですが、毛髪の研究をなさっている辻野さん。

 

美容師専門誌ではお馴染みで、コラムなどを読んだ方も多いと思います。

 

↑最近では、ニュートンなどにも記事が載りました。

という、凄い人なのです。

 

なんで僕が知り合ったかと言いますと、、

↑辻野教授も参加しているこちらの本。

[がん患者のアピアランスケアの手引き]をFBを通じて購入させていただいたのがきっかけでした。

 

 

辻野教授もサバイバー

 

相澤「辻野教授、身体の調子はどうですか?」

辻野教授「うん、まあまあかな〜」

 

相澤「教授は胃でしたよね?」

 

辻野教授「そうそう。初期だったけど、腹腔鏡で胃の3分の2を取ったよ

 

相澤「どうやって見つかったんですか?調子が悪かったんです?」

 

辻野教授「たまたま胃潰瘍になったんだよね。そしたら見つかったんだけど、これがまたね〜」

 

相澤「どうしました?」

 

辻野教授「胃の外に出てなかった。胃がんっていうのは、内側で済んでるか外に出てるかで、大きく予後が変わってくるんだって

 

相澤「奇跡的ですね〜僕も外に出てなかったんです。主治医から大変ラッキーでしたと説明がありました。中咽頭がん日記 そして経過観察へ

辻野教授「本当にラッキーでした。」

 

相澤「辻野教授というと、いつもご馳走を食べてるイメージがあるのですが、、、(FBの投稿から)

 

辻野教授「最近は少しづつ慣れて来たけど、最初は隠れてトイレで吐いてました。すぐお腹いっぱいになるから、一日4回くらいに分けて食べる感じかな〜

 

相澤「胃も取るとリハビリが大変ですね、、、」

 

辻野教授「でもね、僕は切れてラッキーだったわけだからね。」

今出来ることを一生懸命やって しんで生きる!!

 

辻野教授「ラッキーで助かったっていうことは、神さまにまだやる事があるって言われたんだと思ってます!!相澤君も頑張って!」

 

 

 

相澤「辻野教授、お忙しい所わざわざありがとうございました。また遊びに来て下さいね〜」

 

あっという間の訪問でしたが、辻野教授は砂町銀座をブラリしてお帰りになったようです。

 

 

連日サバイバーのお客様がいらっしゃいます。

二人に一人がガンになる時代。

みなさん 普通に生活をしている方が多いです。

早期発見早期治療に努めたいですね。

 

辻野教授ありがとうございました!

 

 

 

 

 

ご予約、ご相談はこちらまで↓
友だち追加

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

東京下町美容師。歴24年。 4年前に中咽頭がんに罹患。手術を経て現在経過観察中。 以来、がんの方、脱毛症の方をサポートする活動をしております。 生涯にわたってかかわれる美容師になる。髪を通じて笑顔になってもらいたい。そんな思いで日々過ごしております。