新しいウィッグはメッシュは入れずに赤茶系で あるさんウィッグスーパーロング カット&カラー 東京江東区亀戸美容室 人毛 医療用 抗がん剤 脱毛症

みなさんこんにちは

東京江東区亀戸

“ウィッグでも美容室を楽しもう”

美容室ワンズプレイス 相澤です。

 

本日のお客さまは

“新しいアルさんウィッグは、スーパーロング。メッシュは入れずに赤茶系のブラウンで楽しみます。”

をご紹介いたします。

 

アルさんウィッグって?

アルさんウィッグ記事リンク↓

https://cancers123.com/category/アルさんウィッグ/

ビフォー

↑ナチュラルカラーのスーパーロング。

腰ぐらいまで長さがあります。

・毛先のばらつきを15センチほどカット

・前髪をカット

・顔周りに少しレイヤーを

作らせていただきました。

 

カラーリング

↑前回のウィッグでは、透けたようなカラーを出したかったのでブリーチでハイライトを入れました。

 

↑インスタなどで見かける、このような淡い色のカラーはブリーチでベースの髪色を明るくする必要があります。

*美容師用語で(アンダーを削る)と言います。

デメリットとして、

・ヘアダメージが加速する

・洗ううちに色が抜けて明るくなる

があります。

今回I様は、ブリーチを使わずにレッドブラウン系で明るくすることに。

 

今回は、ウィッグ着用のままカラー施術させていただきました。

I様「美容室でカラーするのはじめてです。

17歳で髪を失ったので。高校生の頃はお金が無くてシュシュってやるやつで髪を明るくしてたな〜」

相澤「懐かしいですね〜。髪が傷んでバリっバリになりましたよね〜」

僕の方がお兄さんですが、ほぼ同世代の会話ですね(笑

 

フィニッシュ

↑レッドブラウン系のロングヘア

 

↑根元はナチュラルに暗い所を残しています。

 

↑大きく巻くことで柔らかく

 

↑いい女を演出

 

 

↑女性らしいロングヘア

 

↑お仕事用にお使いになるそうです。

 

↑I様 遠方からありがとうございました。

本日は、アルさんウィッグスーパーロングレッドブラウンカラーのI様のご紹介でした。

 

ウィッグでも楽しめる美容室

ワンズプレイス

ご予約ご相談はこちらまで↓

ご予約・お問い合わせ

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

東京下町美容師。歴24年。 4年前に中咽頭がんに罹患。手術を経て現在経過観察中。 以来、がんの方、脱毛症の方をサポートする活動をしております。 生涯にわたってかかわれる美容師になる。髪を通じて笑顔になってもらいたい。そんな思いで日々過ごしております。