退色 明るくなってしまったウィッグのトーンダウン 江東区亀戸美容室 抗がん剤 脱毛症 人毛ウィッグ

みなさんこんにちは

“ウィッグでも気兼ねなくオシャレを楽しむ”

東京江東区亀戸美容室ワンズプレイス 相澤です。

本日は、

“使っているうちに明るくなってしまったウィッグのトーンダウン”のご紹介です。

ビフォーの状態

↑だいぶ明るくなってしまいました。

13〜15トーンほどでしょうか?

↑全体にパサツキも出て来てしまっているので、

↑今回はカラーとトリートメントでメンテナンス。

といっても、今回のオーダーは<あまり暗くはせずに金金(キンキン)なのを抑えたいという事です。

その場合は、8トーン〜10トーンで色を見ながらカラーします。

フィニッシュ

↑落ち着いた明るめブラウンに。

↑毛先のまとまりも復活しました。

↑黄色を抑えるために紫を少し足してカラーリング。根元のプリンは残しつつ、トップの髪は内側より少し明るくしてあります。

↑艶のある髪は、マイナス5歳の効果があります。

これでもうしばらく使えますね。

大切にしてあげてください。ありがとうございました!!

ウィッグのカラーは郵送でも承っております。

https://cancers123.com/2020/11/07/ウィッグヘアカラー%E3%80%80トーンダウン%E3%80%80ハイライト/

↑注意点をよくご覧になってご相談ください。

https://cancers123.com/789-3/

↑インスタでは相澤ヘアカタログをご覧になれます。

https://cancers123.com/1234-2/

↑ご予約・ご相談はこちらまで。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

東京下町美容師。歴24年。 4年前に中咽頭がんに罹患。手術を経て現在経過観察中。 以来、がんの方、脱毛症の方をサポートする活動をしております。 生涯にわたってかかわれる美容師になる。髪を通じて笑顔になってもらいたい。そんな思いで日々過ごしております。