人毛ウィッグ インナーカラーピンク、セルフメンテナンス、抗がん剤、脱毛症、乏毛症、抜毛症 江東区亀戸美容室

みなさんこんにちは

“ウィッグの方も変身を楽しめる”

東京江東区亀戸美容室ワンズプレイス 相澤です。

本日は、

<ボブスタイルにインナーカラー入れてみた!インナーカラー、色補充メンテナンス>

の2つをご紹介いたします。

 

ビフォー

↑Hさん。アルさんウィッグユーザーです。

この度NEWウィッグを購入したので、今までお使いのこちらに<インナーカラー>でアクセントを。

「傷んでもよいように、とりあえず古い方で。気に入ったら新しい方にも入れようかな〜」

 

アルさんウィッグって?↓

https://cancers123.com/category/アルさんウィッグ/

 

 

 

インナーカラー

↑前から見た時にチラッと見える分量です。

ご相談の結果、ピンク系ブラウンをお求めだったので、弱めのブリーチで明るくします。

根元は2〜3センチ残して明るくしましょう。

その後は、カラーバター(カラートリートメントをON)します。

 

カラーバターの塗り方

↑カラーバター。今回のレシピは、

フラッシュピンク+ベイビーピンク(1:1)です。

 

↑明るい所が残らないように、しっかりと揉み込んでいきます。

↑根元を残すことで、カラーバターをギリギリから塗らなくてよくなります。

詳しくはこちらの動画でご確認ください。

 

 

 

仕上がりは、、、

 

↑サイドと襟足チラ見せインナーカラー。

 

↑ピンクに目が行くからなのか、ウィッグ感が全くなくなり、、

 

↑逆に自然に見えるようになりました。

↑「もっと髪の毛ボロボロになると思ってたけど全然傷んでな〜い!!」

相澤「金金にブリーチしなければ、そこまでダメージしませんよ^^」

↑「っていうか、やばい、めっちゃ気に入った、可愛くないですか?これ〜」

喜んでいただけて良かったです。

Hさんありがとうございました!!

 

セルフカラーバターの注意点

・ブリーチ後のカラーバター(塩基性トリートメント)は、洗うごとに色落ちしてきます。

・塗る時は、人工皮膚や裏地が染まらないように注意してください。

・手袋をしましょう。

・ピンク、赤、オレンジなどは比較的色持ちしますが、グレーやアッシュなどは色持ちしずらいです。

・求める色味によってブリーチの明るさが変わります。

・色味によっては、色が残ってしまうこともあります。

*お試しの際はくれぐれも自己責任でお願いします。いかなる場合でも弁償や交換は致しかねます。

 

隠すものから楽しむものへ

インナーカラーやグラデーションカラーで広がるウィッグの世界。

あなたのやってみたいをご相談ください。

ご予約・ご相談はこちらまで↓

ご予約・お問い合わせ

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

東京下町美容師。歴24年。 4年前に中咽頭がんに罹患。手術を経て現在経過観察中。 以来、がんの方、脱毛症の方をサポートする活動をしております。 生涯にわたってかかわれる美容師になる。髪を通じて笑顔になってもらいたい。そんな思いで日々過ごしております。