ウィッグマスターからのお言葉 ブリーチ&ミルクティーカラー 江東区亀戸美容室 ワンズプレイス

みなさんこんにちは

”日常に溶け込むウィッグに日夜チャレンジ“

東京江東区亀戸美容室ワンズプレイス 相澤です。

本日は、

<ウィッグマスターAちゃんのお言葉を、NEWウィッグと共にご紹介いたします>

ピンクヘッドのAさんって?

↑ジャン♫ 以前ピンクにカラーリングさせていただいたAさん。

僕からは<ウィッグマスター>と呼ばれています。

↑なぜなら、こちらのウィッグ。ピンクシャンプーだけでこの色を維持されているそうです。

流石マスター!状態も良くまだまだ使えそうです。

なんと隣に来ていたお客さんに、

「このお姉さんみたいなピンクにしたいんでしょ?」とお手本にするほど。

ついに地毛のお客様の見本になる方が現れました。流石マスター、、、

NEWウィッグのビフォー

↑今回マスターが新調したのは、

↑フレンチスキンウィッグ25センチ。

https://cancers123.com/009-2/

肩レングスにカットさせていただきました。

このおニューのウィッグがどう変身するのでしょうか?

ハイブリーチ!!

↑Aさんのご希望は「ブリーチして透明感のあるミルクティーブラウン」

新品のウィッグにいきなりハイブリーチ。

「傷んでパサパサするのがリアルでいいんです❤︎」

流石マスターですね。

オン ミルクティー。

↑グラデーションの効いたミルクティーブラウン。

↑根元はアッシュブラウンを混ぜてます。

↑「このチョイ黒が良いですね〜テクですね」

マスターお褒めの言葉ありがとうございます。

↑この可愛い巻き髪スタイル、

↑なんとマスターの自前です。

スタイリングが本当に上手。流石マスターです。

↑キュンキュンですね。

マスター 今回も勉強させていただきありがとうございました。

「新しいウィッグが楽しみになりました!」

↑「今までウィッグの交換って、馴染むまでに時間がかかるし、正直楽しくもなかったんです。今はブリーチをしたりしてワクワク出来るようになりました^^」

マスターのお手伝いが出来て光栄です!!

インスタでは動画でもAさんのお姿がご覧いただけます↓

https://www.instagram.com/aizawa61/?hl=ja

ウィッグのカットやご相談はこちらまで↓

https://cancers123.com/1234-2/

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

東京下町美容師。歴24年。 4年前に中咽頭がんに罹患。手術を経て現在経過観察中。 以来、がんの方、脱毛症の方をサポートする活動をしております。 生涯にわたってかかわれる美容師になる。髪を通じて笑顔になってもらいたい。そんな思いで日々過ごしております。