抗がん剤治療 ウィッグの準備 人毛でカラーも明るく ファイバーとは違います。江東区亀戸美容室 乳がん

みなさんこんにちは

“がんサバイバーの集う店”

東京江東区亀戸美容室ワンズプレイス相澤です。

本日は、

<ワンズプレイスで,がん治療の為にウィッグの準備をしていただいたお客様のご紹介です。>

 

医療用ウィッグ30センチ(アルさんウィッグ)

↑アルさんウィッグ医療用30センチ。

長さをなるべく活かしてカットさせていただきました。

*ウィッグの詳細↓

https://cancers123.com/009-2/

 

↑カラーはナチュラル。

ライトの下で少し明るく、室内では黒く感じます。

↑「すごく自然ですね〜、ファイバーのウィッグとは全然違います!!ただ、、、、、髪色を明るくしたいです。可能でしょうか?」

人毛のウィッグでは、カラーリングが可能です。

カラーは自然に見えるように

↑ダメージを考慮して、ブリーチは使用せずに明るくグラデーションをかけてカラーしました。

トップが暗めの方が、ウィッグ感が無くスッと馴染みますね。

治療期間中のウィッグ完成!!

↑軽く巻いて仕上げました。

↑自然光での透け感が可愛いですね。

↑「この色も良いですね〜。飽きたらカラーバターで染めてみます^^」

↑30センチのウィッグでは、ヘアアレンジも可能です。

↑「病院などで見た医療用ウィッグは、どれもニセモノっぽくて。ネットで調べまくってよかったです。もっと広がると良いですね^^」

少しでも前向きになれるお手伝いを。

手術前に抗がん剤治療をされているお客様。

長く続く治療が始まりました。その間、少しでも明るくなれるお手伝いが出来たらと想っております。

同じ病気を経験しているから話せること、分かる事。沢山あります。

是非ご相談下さい。

ご予約ご相談はこちらまで↓

https://cancers123.com/1234-2/

 

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

東京下町美容師。歴24年。 4年前に中咽頭がんに罹患。手術を経て現在経過観察中。 以来、がんの方、脱毛症の方をサポートする活動をしております。 生涯にわたってかかわれる美容師になる。髪を通じて笑顔になってもらいたい。そんな思いで日々過ごしております。