ある少女からの手紙 僕が病気と闘い美容師を続ける意味 江東区亀戸美容室

みなさんこんばんは

沢山の応援メッセージ、ありがとうございます。

今日は、僕が26年ハサミを持ち続け美容師を続ける気持ち

をみなさんにお伝えしたいと思います。

 

ある少女との出会い

 

みなさんは覚えていらっしゃいますか?

↑YUKIちゃん3歳。写真は七五三の時のものです。

そして4年後。

 

7歳の七五三の時、僕に病魔が訪れました。

その時、彼女がくれた手紙がこちらです↓

あいざわさんへ
手術頑張って早く治してね。
それからあと七五三やってください。
ファンです。頑張って下さい。

 

7歳のピュアな気持ちが、諦めていた僕の気持ちに突き刺さりました。

手術を終えて、新日本髪の猛特訓。

 

YUKIちゃんの七五三 めちゃくちゃ可愛いでしょ?

 

さらに5年の歳月が過ぎました。

 

頑張って伸ばしました

 

↑黒髪の少女

 

髪の毛 長っ!!

 

↑この恥ずかしがり屋さんは、、、、、

 

↑YUKIちゃん12歳!!

僕の病気を通じてヘアドネーションを知り、ここまで髪を伸ばしてくれました。

 

ヘアドネーションって?

 

髪の毛を失った子供達のために髪を寄付する活動です。参考リンク↓

https://aizawaship.amebaownd.com/posts/categories/68910/page/2?type=grid

 

 

 

ヘアドネーション開始

↑残す長さを決めて、寄付していただく分を分けとります。



↑先ずは自分でカット



↑お母さまもカット




↑相澤さんもカット!!



↑いえーーい!!YUKIちゃん軽くなったでしょー

 

↑YUKIちゃんの想いしっかり届けます!!




YUKIちゃんからの手紙

 

「神様は乗り越えられない壁など与えない。」

 

そうだねYUKIちゃん!!

相澤さん頑張るね〜

 

 

↑YUKIちゃんとの今まで9年間。

そして20歳(成人式)までの残り8年間は、ハサミを置く訳にはいかないのです。

必ずワンズプレイスに戻ります。

それがみなさんとの約束ですから!!

 

 

↑YUKIちゃん ありがとね〜

 

あなたの人生にかかわるような美容師に。

これが僕が美容師を続ける想いです。

 

 

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

東京下町美容師。歴24年。 4年前に中咽頭がんに罹患。手術を経て現在経過観察中。 以来、がんの方、脱毛症の方をサポートする活動をしております。 生涯にわたってかかわれる美容師になる。髪を通じて笑顔になってもらいたい。そんな思いで日々過ごしております。