違和感修正 ウィッグのカット&カラー ふくりびウィッグの場合 ピンクインナーカラー ボブスタイル 江東区亀戸美容室

みなさん こんにちは

江東区 亀戸 

“ウィッグ違和感修正所”

美容室ワンズプレイス相澤です。

 

本日ご紹介するのは、

抗がん剤治療で購入した医療用ウィッグ

”時間が経ち明るくなって来て、カットも違和感がありました。可愛く治して欲しいです“

お客様をご紹介します。

 

 

抗がん剤治療におけるウィッグの使用期間

一般的に、半年間の抗がん剤〜髪が生えてショートカットになるまでの1年半くらいがウィッグの使用期間です。

*治療内容によります。

脱毛症の方と違い一日中つけているわけではないので、良いものをひとつ、遊び用をひとつ持っておくと、期間内持つと思います。

もちろん地毛がボブ〜ロングになるまでウィッグを着用される方は、その分長くかかります。

 

くりびウィッグ

NPO団体のふくりびウィッグ

人毛の医療用ウィッグとしては、リーズナブルな価格で提供されています。

お子様達からの贈り物 ふくりびミディアム人毛医療用ウィッグ 抗がん剤の副作用による脱毛をウィッグでカバー 江東区 亀戸 西大島美容室

僕から見たふくりびウィッグの特徴は、

毛量の多さと明るくなりやすい髪質です。

他のウィッグでも完璧なものはありません。

これはメリットでありデメリットでもあります。

 

ビフォー

↑華奢で小柄なTさん

 

 

↑毛量が多くハチ周りが張って見えます。

 

 

↑カラーも黄色っぽく明るく退色しており、Tさんのブルーベースのお肌には少し違和感がありました。

Tさん「相澤さんのブログでミドリのインナーカラーしてた人いましたよね?あれやってみたいですー」

こちらのブログですね↓

[個性的]NEWウィッグはインナーカラーで シースルーバングウルフレイヤー 人毛アルさんウィッグ既製品 江東区亀戸美容室

Tさんのウィッグは毛量も多く、TOPを短くウルフカットにするのは不安が残ります。

今回はボブスタイルをキープします。

 

 

施術内容は

・前下がりのカットを、水平ラインに修正してボリュームを減らします。

・黄色味を抑えて、レッド計のブラウンに。

・内側はブリーチせずに、いたずら感覚のインナーカラーを。

 

仕上がり

↑外ハネにスタイリング

 

↑チラ見えインナーカラーがアクセントに

 

 

↑上内巻きにしてももちろんオーケー

 

 

↑黄色〜ブラウンにすることで、こんなに可愛くなりました。

 

これで外出も楽しくなります!どこかに遊びに行こー」

 

治療が落ち着いて地毛が伸びたら、そちらもまた楽しみましょうね〜。

Tさんありがとうございました。

 

あなたのウィッグの違和感。

少しの修正で可愛くなるかもしれません。

是非ご相談ください^^

 

ご予約ご相談はこちらまで↓

ご予約・お問い合わせ

 

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

東京下町美容師。歴24年。 4年前に中咽頭がんに罹患。手術を経て現在経過観察中。 以来、がんの方、脱毛症の方をサポートする活動をしております。 生涯にわたってかかわれる美容師になる。髪を通じて笑顔になってもらいたい。そんな思いで日々過ごしております。