入院する時にあると便利なもの 入院を快適に 長期入院生活の知恵 江東区亀戸ワンズプレイス美容室

みなさんこんにちは

ワンズプレイス通信 本日も病院からお伝えいたします。

本日は、

入院生活長期戦 こんなもの持ってきておいて良かったな〜

そんな相澤式快適入院生活をご紹介します。

 

お客様からの募金を寄付いたしました。

↑ワンズプレイスの入り口でお預かりした募金を“がん研有明病院”の募金箱に寄付させていただきました。

6443円+アルファを

「がん克服をもって人類の福祉に貢献する」

ガンの研究費にあてさせていただきます。

 

あると便利 こんなもの 生活編

↑病院ってめちゃくちゃ乾燥してるんです。

精密機器もあるし、確かにジメジメしてたら嫌ですもんね。

加湿器はNGとのことで編み出したのが、濡れたタオルをベッドの周りにかけること。

寝る前にセットすることで快適に過ごせます。

(朝にはカラカラに乾きます)

 

 

↑細かい日用品はあると便利ですが、売店やコンビニでも揃います。

コロコロ”これは主にベッドに使います。

朝起きてベッドを綺麗にするとメリハリがつきます。

入院生活は時間と曜日の感覚がおかしくなりますので、自分でリズムを作ることが大切です。

 

 

↑ツボ押し。

柔らかめのベッドで寝ていることが多くなる入院生活には必須。

僕は庭のベンチでこれを使って寝ています。

 

 

↑ポケットWi-Fiとタブレット(スマホ)

病院はWi-Fiがないので動画などをよく見る方は、ポケットWi-Fiをレンタルしましょう。

そして、動画は出来る限り端末にダウンロードしていくように。(通信料節約)

ちなみに僕は、ミステリーものなどは病院でみていても響かなく(人様のうちのお金の問題なんてどうでもよく、生きてるだけで幸せだろう)人生を振り返れる、例えばTBSドラマJINや海外ドラマのTHIS IS USなどがオススメです。

泣いてる時に看護師さんに見られたら抗がん剤が効きすぎかと思われそうです。

 

 

スキルアップ編

↑時間が沢山ある入院中。せっかくだから何か身につけるのも良いかもしれませんね。

何度もチャレンジしていますが、全く上手くならない、、、

好きなものの方が良いかもしれません。

 

 

 

健康維持編

↑チューブトレーニング。

狭い、動けない場所でのリハビリ、ストレッチ。ウォーキングしながらなど、めちゃくちゃ役に立ちます。

一番役に立っているかもしれません。

プラスで音楽アプリ。BGMがあるとリハビリも気持ちが入ります。

さらに、

 

↑ドラクエウォーク、ポケモンGOなどの歩く系アプリ。

歩くとレベルが上がったりポイントがもらえたりするので、歩くことが苦になりません。

 

何より一番大切なのは

 

気持ち(ハート)

入院していると、病人になり切って弱ってる人が多いです。

ここはガンの人しかいないので、全員がん患者。笑ってる人はほぼいません。

だから僕は看護師さんに聞かれたらこう返します。

「相澤さん お小水は何回くらいいきましたか?」

相澤「夜中にそこの窓から1回しちゃいました。

うざっ!!!!!!

 

前のベッドの胃がんのお父さんが車椅子で診察に行こうとしてたので、

「お父さん病人みたいですね〜笑」

看護師さん「病人です!笑」

 

気持ちが負けたら病気に飲み込まれます!!

普通はゆっくり休むんでしょうけど、、、

さすがに2カ月は長いっす、、、

 

次回は、、

↑送ってもらった荷物の中に“蒙古タンメン”が!!

の放射線でダメージを受けた口腔咽頭が耐えられるのか?!

と思ったら、

 

↑なめ茸どっさり、、、、

 

次回は

相澤君 放射線7回抗がん剤1回で、塩味の味覚を失う。の巻き

お楽しみにー

1 個のコメント

  • こんにちは 塚越ミドリです
    頑張ってますね
    私も明日から入院です
    大腸の手術で 今度は七階です
    様子が解らないので何かと不安ですが
    頑張ります 相澤さんのおかげで
    家に帰っても 坂道を一生懸命歩いて体力を
    つけました
    20日の手術頑張ります!

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    東京下町美容師。歴24年。 4年前に中咽頭がんに罹患。手術を経て現在経過観察中。 以来、がんの方、脱毛症の方をサポートする活動をしております。 生涯にわたってかかわれる美容師になる。髪を通じて笑顔になってもらいたい。そんな思いで日々過ごしております。