胃ろう造設 放射線12回 抗がん剤三週目の副作用 味覚減少 脱毛 シスプラチン 江東区美容室 ワンズプレイス

みなさんこんにちは

ワンズプレイス 美容室 相澤です。

本日も病床から失礼いたします。

治療も3分の1が終わり、副作用もキツくなって来ました。

今回は現在の様子をリポートいたします。

脱毛始まりました。

シスプラチンという抗がん剤を使用。

2週間ほど経過しましたので、そろそろ脱毛が始まる頃。

ところがシスプラチンは酷く脱毛することはないみたいです。

↑では、この軽く引っ張っただけで

↑ゴッソリ抜ける感じはなんなのかというと、

どうやら放射線のダメージのようです。

鼻下から胸上までの照射範囲、つまりボンノクボから襟足にかけて全て抜けるそうです。

(でも上も引っ張ると抜けるんだよな、、、)

これに関しては、素敵なウィッグが沢山ありますので心配はしておりません。

味覚の変化

放射線13回(残り20回)

口腔内の乾燥が強くなって来ました。

舌や歯茎は白く、シワシワな感じ。

唾液腺にも放射線が当たるため唾液の量も少なくなって来ました。

パンが、スープや牛乳などの水分を一緒に摂らないと飲み込めません。

↑ポップコーンや

↑ポテトチップ

↑海苔や梅干しなども、旨味と塩味を失うと全く美味しくありません。

↑甘みはなんとか感じるので、果物や

↑アイス、アンマンなどでしのいでおります。

食の楽しみが無くなることがこんなにも辛いとは、、、

今後は、甘みもなくなり苦味が残り、飲み込む時の痛みが出てくるそうです。

治療後には月単位での回復になるそう。

どうかこの後遺症だけは強く残りませんように。

胃ろうを造設しました。

上記のような理由から、今後食べられなくなった時に栄養状態をキープするために、

↑胃ろうを作りました。

これが予想を反しての激痛。

手術自体は内視鏡で30分ほど?(寝てたのでわかりません)

終了時から痛く、腹筋に全くチカラを入れられない状態が3日続きました。

ベッドから起き上がれません。

本日5日目にしてやっと真っ直ぐ立てるようになりました。

↑使った感じは、

↑お腹がいっぱいになると、重みで引っ張られるのか痛みが走ります。腹8分目ですね。

それにしても、、、、

↑そこは痛いだろ〜。

腹筋ど真ん中ぶち抜き。笑う、くしゃみ、激痛。

上手く使って栄養満点で治療を乗り越えるんだからね。もう!頑張ろう!!

そんなこんなで

治療の三分の一が終わりました。

白血球、好中球ダダ下がりで、ギリギリの数値ですが、単球が増加中!!

僕の身体は懸命に生きようとしているようです。

2回目の抗がん剤結構です!!

感染症には本当に注意しないとな〜

中盤戦も抗がん剤打って元気になっちゃおう!!by Hさん

それでははまた〜

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

東京下町美容師。歴24年。 4年前に中咽頭がんに罹患。手術を経て現在経過観察中。 以来、がんの方、脱毛症の方をサポートする活動をしております。 生涯にわたってかかわれる美容師になる。髪を通じて笑顔になってもらいたい。そんな思いで日々過ごしております。