抗がん剤治療後 フルウィッグでカバー ばっさりイメージチェンジで普段使いしやすく 江東区亀戸美容室 

みなさんこんにちは

“がんサバイバーが集う店”

東京江東区亀戸美容室ワンズプレイス相澤です。

本日は、

<抗がん剤治療後も地毛が生えて来づらく、フルウィッグでカバーをされているお客様のご紹介です。>

抗がん剤治療後に地毛が上手く生えて来ない

*画像は僕が抗がん剤治療後に脱毛した状態です。全体がまばらな状態に。

抗がん剤治療の後に中々髪の毛が元に戻らずに、上記のような状態になってしまう方がいらっしゃいます。

女性の場合、このままでは外に出られなくなってしまう方が多いです。

・ミリオンヘアー(色のつく粉)でカバー。

・帽子でカバー。

・フルウィッグでカバー。

・トップピース(部分ウィッグ)でカバー。

・増毛エクステでカバー。

この様な方法がありますが、本日は<フルウィッグ>を使ったカバーをご紹介いたします。

オーダースーパーロングウィッグ

↑アルさんウィッグスーパーロング(オーダー品)カラーリングは当店ではございません。

抗がん剤治療後に地毛は生えて来ていますが、軟毛に。トップの髪もまだ短く脱ウィッグは出来ない状況です。

もう少し髪の密度が出て来たらトップピースも考えて行きましょうね。

この日はウィッグから出て来てしまう地毛のカットと、カラーリングをさせていただきました。

ばっさりカットで普段使いに

↑スーパーロングをばっさりとカットして、今風の肩ハネレングスに。

↑出番のなかったウィッグをイメージチェンジ。

↑ハイライトも活きて来ましたね。

↑この長さでしたら、スタイリングはアイロンで外にひと巻き。

↑笑顔が見られて良かったです^^

ウィッグは不安を消すことの出来るアイテムです。

↑いつも遠方からありがとうございます。

「がんになって髪は失ってしまったけど、年齢的にこれから髪には困ることになったかもしれないし、、、、。今は良いウィッグがあるから安心です。」

「先ずは命が助かったことに感謝しましょう」

そんな<がんサバイバートーク>が溢れる、ワンズプレイス からご紹介いたしました。

ご予約・ご相談はこちらまで↓

https://cancers123.com/1234-2/

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

東京下町美容師。歴24年。 4年前に中咽頭がんに罹患。手術を経て現在経過観察中。 以来、がんの方、脱毛症の方をサポートする活動をしております。 生涯にわたってかかわれる美容師になる。髪を通じて笑顔になってもらいたい。そんな思いで日々過ごしております。