抗がん剤治療後に生えて来たクセ毛が可愛い 明るめベリーショートスタイル 脱ウィッグ 江東区亀戸美容室

みなさんこんにちは

“がんサバイバーが集う店”

東京江東区亀戸美容室ワンズプレイス相澤です。

本日は、

“抗がん剤後に脱ウィッグ。ベリーショートスタイルのお客様をご紹介いたします。”

ビフォー(ご来店時)

↑クルクルとしたくせっ毛に。

↑トップとフロントが伸びずらいため、周りがモサモサっと四角いシルエットに。

「私、このくせっ毛気に入っているんです。スタイリングしやすそうだし」

ポジティブシンキングですね。

それではカットしていきましょう。

まずは周りをスッキリ

↑トップと前髪は整えて、襟足と耳周りをスッキリと。

↑毛先のチリチリを軽く整えると、厚みが出てまとまりやすくなります。

カラーリングは明るめに。

パラパラとある白い髪も気になっていらっしゃいましたが、今回は明るめにすることに。

赤みを抑えたオリーブブラウンカラーで元気な雰囲気に。

闘病感ZEROベリーショートスタイル

↑ワックスを揉み込むだけのベリーショートスタイル。

↑明るくなることで、くせっ毛も可愛くなりますね〜

↑伸び切っていた襟足もタイトに首に沿うように。

↑なによりも小顔に見えますね!!

↑「可愛い〜!!これでようやく脱ウィッグできます!」

医療関係のお客様。病気の体験を活かして患者様のフォローよろしくお願いします。

経験者の言葉はなにより心強いですもんね〜

ちょっと勇気でポジティブに

↑「この時だけのベリーショートなので、思いっきり楽しみます!!」

ウィッグをバッグにしまってお帰りになられました。

明るい気持ちになれるお手伝いが出来て、とても楽しい時間でした。

脱ウィッグのお手伝い、是非ご相談ください。

ご予約・ご相談はこちらまで↓

https://cancers123.com/1234-2/

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

東京下町美容師。歴24年。 4年前に中咽頭がんに罹患。手術を経て現在経過観察中。 以来、がんの方、脱毛症の方をサポートする活動をしております。 生涯にわたってかかわれる美容師になる。髪を通じて笑顔になってもらいたい。そんな思いで日々過ごしております。