抗がん剤 頭皮冷却装置で脱毛を抑えたお客様 前髪ストレート&カラーで脱ウィッグを目指す 江東区亀戸美容室 若年性乳がん

みなさんこんにちは

“がんサバイバー美容室“

東京江東区亀戸ワンズプレイス 相澤です。

本日は、

<抗がん剤治療後に伸びて来た髪の毛を整えて、脱ウィッグを目指すお客様のご紹介です。>

頭皮を冷やすことで、抗がん剤治療中の脱毛を減らすことに成功!

↑今回のお客様は若年性乳がんの治療をひと通り終えて8ヶ月。ホルモン療法を続けていらっしゃいます。

驚いたのですが、、、、

↑かなり毛量があり、長さも周りは長いですよね?

これは珍しいパターンだと思い伺った所、

「抗がん剤投与中に、冷却装置を使う治療をすすめられたんです。前中後と長時間冷やすのは大変でしたが、おかげさまで頭頂部しか脱毛しなかったんですよ^^」

↑病院によってその治療は行なっていないようですが、周りの髪が残ってくれれば、治療中に帽子やトップピースで凌ぐことも出来そうですね。

頭頂部は脱毛したそうなので効果は個人差がありそうですが、冷やすだけなら身体に毒なことも無いと思うので、これから治療を受ける方には是非オススメいたします。

前髪ストレート&ヘアマニキュア

↑「とりあえずの目標は、ショートボブです!」

とのことでしたので、今回はチリつきとくせ毛が強めの前髪とお顔周りをストレートに。

トップや後ろは残してふんわりさせて、トップの白いあの子はヘアマニキュアで隠します。

様子をみて必要でしたらストレートをかけることに。

仕上がりは、、、、

↑ボブのシルエットにカットで整えました。

トップの髪がまだ短いので、毛先を軽くストレートアイロンで内巻きに。

↑うん。耳にかければ、このままでも充分可愛いゴーリキちゃん風ショートヘア。

↑思わず笑顔に。

この瞬間が僕も嬉しいんです。

↑「わ〜すでに普通の人ですね!思ったより早くウィッグが外せそうです^^」

もう2〜3か月我慢して、トップの髪が伸びれば、脱ウィッグですね^^

若年性のがんと新しい治療法

ガンというと、50歳前後の方が多い印象ですが、最近は20〜30代の若いお客様からのご相談も増えています。

医療は日進月歩。今回のお客様の<脱毛を抑制する冷却装置>のような、QOLを高める新しい治療も積極的に取り入れていきたいですね。

ひとりで悩まずにご相談ください。

ご予約、お問い合わせはこちらまで↓

https://cancers123.com/1234-2/

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

東京下町美容師。歴24年。 4年前に中咽頭がんに罹患。手術を経て現在経過観察中。 以来、がんの方、脱毛症の方をサポートする活動をしております。 生涯にわたってかかわれる美容師になる。髪を通じて笑顔になってもらいたい。そんな思いで日々過ごしております。