沖縄からのHさんは、やっぱりボブが好き。 NEWアルさんウィッグ&1stウィッグ ナチュラルグラデーションカラーへ 江東区 亀戸 西大島 美容室

みなさん こんばんは

江東区 亀戸 西大島 美容室

がんサバイバー美容師 相澤です。

本日は、またまたアルさんウィッグのお客様ご紹介!!

なんと沖縄からのご来店です。

先ずはNEW アルさんウィッグをカットします。

沖縄からアルさんの所でウィッグを受け取って、相澤さんの所に寄ります。

そのまま 飛行機で帰りますので〜

相澤「強行ですね〜」

そんなLINE@のやりとりからの、

↑Hさん いらっしゃいませ&ご馳走さまです。

 

 

 

先ずは受け取ったばかりのウィッグをカットいたします。

↑ご希望は、肩上の外ハネボブスタイル。

バッサリとカットします。

 

 

なぜなら、以前の1stアルさんウィッグは、、、、

↑完全なるボブスタイル。

Hさん「これが少し伸びたイメージにしたいです!

「かしこまりました!」

 

 

 

そして完成したのが、

こちらのスタイル。

ハツラツとした元気なイメージの外ハネボブスタイル。

 

この時、1stウィッグのカラーリングのご依頼を受けました。

 

 

ウィッグのナチュラルグラデーションカラーリング

↑こちらのウィッグに「プリン加工をしながら明るくして下さい!」とご依頼を受けたのですが、、、

 

 

↑ベースの色は、暗めのブラウン

そこで、根元の暗めは残して毛先を明るくする<ナチュラルグラデーションカラー>をご提案させていただきました。

 

 

仕上がりは、このようなイメージに↓

↑うん。自然なカラーリングですね~

 

 

↑動画でもご確認下さい。

 

 

完成したウィッグを沖縄に送らせていただいた所、

Hさん「生えてる!!」

これはウィッグガール達の間で最上の褒め言葉だそうです^^

ありがとうございます。

やっぱり切りたくなっちゃった。ボブが好き

沖縄でNEWウィッグを着けて数日後。

Hさん「やっぱりボブにしたいんです、、、カットとカラーしていただけますか?

 

ウィッグは非常に高価なものなのに、気にいらずにお蔵入りしてしまうケースが多いのです。

 

 

相澤「もちろんですとも!!」

しかしカットはマネキンに被せてのカットになります。

↑相澤「な、、長さの関係がよくわからない、、、。(マネキンの頭は人間よりかなり小さいです)

Hさん 襟足の長さはどれくらいにしましょう?」

 

 

 

↑Hさん「7センチでお願いします。」

襟足に合わせてボブスタイルにカットしました。

 

 

相澤「長さの確認だけしてもらってもよろしいですか?う~ん あの手しかないな、、、」

 

 

 

相澤「どうでしょう?」

hさん「、、、、、。に、、似合ってますね、、笑笑笑」

相澤「僕大真面目なんですけど、、、笑

Hさん「オーケーです笑」

 

相澤「それでは、、1stウィッグと同じようにカラーリングをさせていただきますね~」

 

 

↑そして完成したのが、こちらです。

重く見えないナチュラルカラーボブスタイル

 

これで2つのウィッグをローテーションで交互に使えますね

↑沖縄の太陽を沢山浴びて育ったHさん。明るくなったアルさんウィッグのボブスタイルがとてもお似合いです。

Hさん 遠方からのご来店、ご利用ありがとうございました😊

 

 

まとめ

・カラーリングは送りで対応できる。

・プリン加工まで行かなくても、根元を暗くする事でよりナチュラルにウィッグっぽさをカバー。

・カットは遠隔でも出来るが、できれば顔周りは着けた状態でカットしてあげた方がベスト。

・なんでもご相談ください^^

 

今回は、hさんのアルさんウィッグ、ボブスタイル&ナチュラルグラデーションカラーでイメージチェンジ

をご紹介させていただきました。

 

オクラ入りのウィッグを無くす。

そんな想いでこれからもウィッグに関連する記事をお届けさせていただきます。

 

それではまた〜

 

 

 

 

 

過去のアルさんウィッグの記事

https://aizawaship.amebaownd.com/posts/categories/1557718

 

 

 

ご予約ご相談はこちらから↓
友だち追加

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

東京下町美容師。歴24年。 4年前に中咽頭がんに罹患。手術を経て現在経過観察中。 以来、がんの方、脱毛症の方をサポートする活動をしております。 生涯にわたってかかわれる美容師になる。髪を通じて笑顔になってもらいたい。そんな思いで日々過ごしております。