遠方から不安を抱えて アルさんウィッグ バレイヤージュカラー 抗がん剤前の髪型に近づけます。 東京江東区亀戸美容室

みなさんこんにちは

東京江東区亀戸

“ウィッグでも普通に楽しめる美容室”

ワンズプレイス 相澤です。

 

本日は、

“医療用ウィッグを購入しましたが、違和感で納得いかないのでアルさんウィッグを購入しました。なるべく脱毛前の状態に近づけたいんです。”

そんなS様のご紹介です。

 

アルさんウィッグって?

アルさんウィッグ記事リンク↓

https://cancers123.com/category/アルさんウィッグ/

 

ビフォーの状態

 

↑既製品30センチナチュラルカラー

Sさんは、抗がん剤の副作用による脱毛のためウィッグを探していらっしゃいました。

医療用ウィッグをセミオーダーで作りましたが、着用時に違和感が出てしまい気になってしまいます。

ウィッグはお気に入りの洋服と同じ。気に入らないと外出するのも嫌になってしまいます。

ブログでアルさんウィッグを見つけ、新幹線でご試着しにいらしてくださいました。

 

Sさんの施術

↑長さはフルに活かし、レイヤーを入れました。

ここからカラーを入れていくのですが、バレイヤージュという技法でナチュラルプリン状態を作っていきます。

ブリーチは使わずに入れていきます。

アルさんウィッグ レイヤーカット 段を入れて軽いスタイル 大人綺麗目 人毛ウィッグ 東京 江東区 亀戸美容室 ワンズプレイス

 

バレイヤージュ後の状態

↑根元から毛先につながるグラデーション

(分け目も自然ですね)

 

↑ムラに入ったカラーが

 

↑毛流れを演出します。

巻いたり髪をかきあげた時に立体感が出ます。

 

フィニッシュ

↑もともとはパーマをかけていらしたSさん

ウィッグを痛めないようパーマは様子見することに。

アイロンでカールをつけて仕上げます。

 

↑大人のレイヤースタイルがよく似合いますね~

 

↑気になっていたハチ周りもスッキリ。

 

↑ヘアカラーも馴染んでいますね。

 

↑S様、遠方からありがとうございました。

治療期間のストレスが少しでも減ることを祈っております。

 

あなたのための時間を確保して施術します。

美容室ワンズプレイス

ご予約ご相談こちらまで↓

ご予約・お問い合わせ

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

東京下町美容師。歴24年。 4年前に中咽頭がんに罹患。手術を経て現在経過観察中。 以来、がんの方、脱毛症の方をサポートする活動をしております。 生涯にわたってかかわれる美容師になる。髪を通じて笑顔になってもらいたい。そんな思いで日々過ごしております。