明るくなってしまったウィッグのトーンダウンとヘアカット 東京江東区亀戸美容室 脱毛症 抗がん剤

みなさんこんばんは

東京江東区亀戸

“ウィッグでも地毛でも楽しめる美容室”

美容室 ワンズプレイス 相澤です。

 

本日は、

“使いこんで明るく色が抜けてしまったウィッグに少し色を入れて暗くしたい。ついでに後れ毛も増やして欲しい”

そんなお悩みを持つお客様のご紹介です。

 

 

ウィッグのカラーリング

↑使いこんで明るくなったウィッグ(厳密には色が抜けてしまったウィッグ)

 

 

↑カラーリングと

 

 

↑トリートメントをして

*カラーに簡易トリートメントはセットです。写真のものは別料金になります。

 

 

↑このように

 

 

↑生まれ変わりました。

これがトーンダウン(暗く)する工程です。

 

今回のゲスト

まず希望のお色を確認します。

今の色より少し落ち着けば良いとのこと。

そこで肌色に合わせてピンクブラウンをチョイスさせていただきました。

後れ毛を増やして、毛量調節をさせていただきました。

 

フィニッシュ

↑耳にかけても

 

 

↑かきあげても

 

 

↑パラパラと落ちる

 

 

↑後れ毛で安心ですね。

 

カラーリング

明るめのピンクブラウンをチョイス

 

 

↑キラキラした髪が落ち着きました。

 

 

↑仕上げは外ハネスタイルで

 

 

K様「2歳頃から脱毛症で同じウィッグ会社にお願いしていました。インターネットで調べると色々なウィッグが出ているんですね。ちょっと冒険してみようと思います。」

 

↑「美容室はじめてで勝手がわからなくてすみません。」

 

 

↑ピンクブラウンボブスタイルが、透き通るような肌のK様にとてもお似合いですね^^

「また寄らせてください〜」

「ありがとうございました!是非お待ちしております!」

 

本日は、<トーンダウンと少しのカットであなたのウィッグをもっと扱いやすく>をご紹介いたしました。

ワンズプレイス では、どちらのブランドのウィッグでも可能な限り対応させていただいております。

現在お使いのウィッグのお悩みをご相談ください。

 

ご予約ご相談はこちらまで↓

ご予約・お問い合わせ

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

東京下町美容師。歴24年。 4年前に中咽頭がんに罹患。手術を経て現在経過観察中。 以来、がんの方、脱毛症の方をサポートする活動をしております。 生涯にわたってかかわれる美容師になる。髪を通じて笑顔になってもらいたい。そんな思いで日々過ごしております。