乳がん治療 抗がん剤の脱毛に向けて ベリーショートからウィッグの作成 江東区亀戸美容室 ワンズプレイス

みなさんこんにちは

“がんサバイバーの集う店”

東京江東区亀戸美容室ワンズプレイス 相澤です

本日は、

“手術を終えて抗がん剤が始まります。不安なのでウィッグを準備しておきたいです。”

そんなお客様をご紹介いたします。

乳がん手術〜抗がん剤治療へ

↑Sさん 普通にヘアスタイルを楽しんでいた20年来年のお客様。

そのお客様が乳がんに罹患、手術をなさいました。

そして術後に化学療法を行うことになりました。

抗がん剤の脱毛への準備

まだ髪の毛がしっかりとある状態ですと、ネットやキャップを被った状態でウィッグを着けることになり、浮いてしまいやすいので正しく大きさを測りずらいです。

↑Sさんは、自分が脱毛していくショックを和らげるために、、、

↑スッキリと、、

↑内側を刈り上げたボブスタイルに。

やはりウィッグを用意しておきたい。(抗がん剤1回目終了)

そして1度目の抗がん剤を終え、ご来店なさいました。

通常は2週間ほどで脱毛していくのですが、やはりウィッグを用意しておきたいとのこと。

↑この時のSさんは覚悟を決めていらっしゃいました。

↑一気にボウズヘアーへ

ウィッグもかぶりやすいですよね。ここからなら抜けてきてもショックが少ないし、一度やってみたかったんで!!」

相澤「ところで1度目の抗がん剤どうでしたか?すごくお元気そうですけど」

「相澤さんが言っていたように、ちょっと胃がムカムカするくらいで、ちょっと拍子抜けしてる感じです。」

相澤「副作用が出るのはこれからで、回数を重ねるごとに段々辛くなって来る方が多いです。そして、人によって副作用が違うのも特徴的なんですよね。」

その後はウィッグを作らせていただきました。

↑アルさんウィッグ フレンチスキンウィッグ30センチ。

<初めてのアルさんウィッグ>

https://cancers123.com/2020/09/28/初めてのアルさんウィッグ%E3%80%80特徴と購入方法/

↑極力長さを変えず、前髪と後れ毛のカットを

↑今後はウィッグも楽しむ予定です。

↑Sさん ファイト!!応援してます!!

抗がん剤治療の脱毛に備えて

ウィッグの準備をお考えの方は、こちらをお読みください。↓

https://cancers123.com/2020/10/29/抗がん剤治療のウィッグ準備について%E3%80%80江東区亀/

不安なのはみんな同じです。

一緒にあなたにピッタリの方法を考えましょう。

ご予約・ご相談はこちらから↓

https://cancers123.com/1234-2/

ウィッグのご試着や価格に関することはこちらをご覧ください。↓

https://cancers123.com/009-2/

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

東京下町美容師。歴24年。 4年前に中咽頭がんに罹患。手術を経て現在経過観察中。 以来、がんの方、脱毛症の方をサポートする活動をしております。 生涯にわたってかかわれる美容師になる。髪を通じて笑顔になってもらいたい。そんな思いで日々過ごしております。